Event is FINISHED

写真展「次世代に残したいコト、残したくないコト」(入場無料)

Description
高度経済成長期に建てられ、昭和、平成と時代の変遷を見つめ、令和元年10月に取り壊される予定の原宿にあるマンションの一室で写真展を開催。



「次世代に残したいコト、残したくないコト。」をテーマにした写真を部屋の壁や天井に貼り巡らせます。


次世代に残したいコトの例としては「絶滅危惧動物」、「美しい自然」、「愛や希望、平和」を連想させる写真など。
次世代に残したくないコトの例としては、「ゴミ」、「原発事故」、「戦争、差別、人の愚かさ」を連想させる写真など。

国内外合わせ、40名以上の作家がそれぞれの切り口で写真表現します。

〔展示中作家〕9月14日時点
Janet Milhomme、野寺治孝、齋藤義信、千葉桜洋、戸澤裕司、堀江圭馬、稲垣佑季、寺本雅彦、吉田智彦、Maureen Haldeman、Beth Shibata、Diane Cockerill、ran、赤池久人、姫崎由美、大久保 嘉太郎、Yotatsu Yokomizo、上田民、比呂啓、Mitsuyuki、蔵原実花子、馬場智行、橋本照嵩、川野純二、五十嵐航、星野藍、shawn woody、小山さなえ、石井俊輔、小田健介、平山 不二/不二写真フイルム、シーモ、小田健介、

〔展示予定作家〕鹿野 貴司、タイナカ ジュンペイ、小俣文乃、nuits d'encre、小原直史、竹村知恵、小薮裕子、yOU

〔写真展キュレーター〕
服部雄二

また、同マンションの別室では、マンションの解体とともに消えるアートプロジェクト「VANART(バナート)」によるウォールペインティングや、クリエイティブ配信プラットフォーム「Gridge」に登録するアーティストたちが部屋・廊下に施した会場ペイントもご覧いただけます。あわせてお楽しみください。

▼会場
渋谷区神宮前1-14-4 船場マンション原宿5F
*原宿駅からの道順はこちらをご覧ください。

▼開廊スケジュール
以下の開廊スケジュールをご確認の上、ご来場いただきますよう宜しくお願いします。
ナイトギャラリーは予約が必要です。

モーニングギャラリー(予約不要)
 08月31日(土)10時‐13時 グリッジ(株) 在廊
 09月07日(土)10時‐13時
 09月14日(土)10時‐13時 ego 在廊
 09月21日(土)10時‐13時 グリッジ(株) 在廊
 09月28日(土)10時‐13時

アフタヌーンギャラリー(予約不要)
 10月05日(土)14時‐17時
 10月12日(土)14時‐17時 (台風19号により休館)
 10月19日(土)14時‐17時 グリッジ(株) 在廊
 10月26日(土)14時‐17時 グリッジ(株)/ego 在廊

ナイトギャラリー(要予約)
 09月18日(水)18時‐21時 ego 在廊
 10月16日(水)18時-21時 ego 在廊
※予約方法:Peatix にて無料チケットをご購入下さい。
※ナイトギャラリーはチケット画面のご提示がない場合、ご入場いただけません。
※来場状況によっては、ナイトギャラリーを増やす可能性もあります。その場合、本ページにてチケットを追加販売します。

▼展示作品の募集(写真家の方へ)
テーマに沿った写真を会場へ直接お持ち込みいただければ、展示させていただきます。詳しくはこちらをご覧ください。

▼主催:
中央区日本橋本町にあるギャラリーego Art & Entertainment Gallery(株式会社ベモーレ)
が主催します。本企画に関するお問い合わせにつきましてはこちらよりお願いします。

▼「次世代に残したいコト」の表紙写真について:
これは1988年3月、福島県双葉町に設置された看板です。双葉町は福島第一原発事故で全町民が避難させられた町です。
私は原発に断固反対という立場ではありませんが、写真家 星野藍さんのこの写真を最初に目にした時、一部の人間が自分にとって都合の良い情報だけを流し、信じ込ませるよとしている姿が脳裏に浮かんだ。原発村は必要な安全対策にはカネを惜しみ、根拠のない「安全幻想」を国民に植え付けることに莫大な広告費をかけてきた。原発の賛否はどうあれ、「自分にとって都合の良い思い込みを他人に洗脳する行為」を写真展「次世代に残したくないコト」を象徴するシンボリックフォトとして選びました。

【English】Photo exhibition “Values we want to hold and values we want to update for our future”

▼Title
A photo exhibition will be held in a building located in Tokyo Harajuku that will be taken downin November.

▼Concept
There are two rooms for this project; one for wall painting and the other for the photo exhibition. In the wall painting room, one artist will paint to raise awareness of plastic pollution and another artist will paint to stress importance of self-affirmation. In the photo exhibition room, photo of “Values we want to hold” and “Values we want to update” will be taped on the walls. For example “Value we want to update” could be a photo related to Global warming, Pollution or Discrimination. Then “Value we want to hold” could be a photo related to Family, Love or Beautiful landscape. These positive and negative photos will be taped on the wall to create an atmosphere which raises awareness of the need for a paradigm shift towards realizing a sustainable society. We will provide opportunity to think about what values really matters, and what values needs rethinking.

▼Open hour
Morning Gallery
 Aug.31(sat)10:00am‐1:00pm
 Sep.07(sat)10:00am‐1:00pm
 Sep.14(sat)10:00am‐1:00pm
 Sep.21(sat)10:00am‐1:00pm
 Sep.28(sat)10:00am‐1:00pm

Afternoon Gallery
 Oct.05(sat)2:00pm-5:00pm
 Oct.12(sat)2:00pm-5:00pm
 Oct.19(sat)2:00pm-5:00pm
 Oct.26(sat)2:00pm-5:00pm

Night Gallery(Reservation Required)
 Sep.18(wed)6:00pm‐9:00pm
 Oct.16(wed)6:00pm‐9:00pm

▼About the Symbolic photo of this exhibition:
This signboard put up on March 1988 in a town close to the Fukushima Power plant reads

"Nuclear power: the energy for a bright future"

The entire population was evacuated as a result of the Fukushima nuclear melt down on March 11, 2011. The interest groups of Nuclear energy were reluctant to spend money on necessary safety measures while spending huge amount of advertising expenses to instill "Positive illusion" in people's mind.
I am not dead-set against nuclear power but do not value "unrealistic optimism and brainwashing people with positive illusion". This is why I selected this photo taken by Ai Hoshino as a Symbolic photo of this exhibition.
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#481436 2019-10-09 01:42:19
More updates
Aug 31 - Oct 26, 2019
[ Sat ] - [ Sat ]
12:00 AM JST
Add to Calendar
Venue
船場マンション原宿(5階)
Tickets
ナイト券 9/18(水)18時‐21時 FULL
ナイト券 10/16(水)18時‐21時 FULL
Venue Address
東京都渋谷区神宮前1-14 Japan
Organizer
ego アート&エンターテイメントの会
426 Followers
Attendees
56